子供のわきが治療について

わきがは両親のどちらかがわきがであれば、子供には50%で遺伝してしまいます。更に両親ともわきがであれば80%とも言われています。

 

しかし、思春期を境にわきがの症状が出る事が多く、小さい頃には出ないとされています。

 

ですが、もし、子供にわきがが出てしまったら親として子供には出来る事は全てしてやりたいですよね。

 

ここではもし子供がわきがになったらのお話をさせて頂きます。

 

子供のわきが

思春期を境ににおうようになるのが常識ですが、最近では成長が早く小学校高学年でもにおう子供が増えてきました。

 

アポクリン腺の数が同じでも、アポクリン腺自体が食生活の欧米化により大きくなってきたのも原因のひとつと言われています。

 

子供は結構残酷で、相手が傷つく事を考えるより先に思った事が口に出てしまい、後々引きずってしまうような言葉をはっきりと口に出してしまいます。

 

自分が傷つくよりも、子供が傷つく方が嫌なのがやはり親ですので出来る事はしてやりたいですよね。

 

ですが下手に親がケアしてやると、返って傷ついてしまう場合もありますのでまずは本人が気がついて、ケアをしたいと言った時に助けられるように親がまずわきがへの知識を持つ事が大事です。

 

子供のわきが治療

もちろん子供のわきが治療も大人と同じように出来ます。

 

わきがの手術も出来ますが、成長によって大きくなるとアポクリン腺が再生してしまう事がありますがそれでもそれまでは効果がありますし、再生しなければ再発してしまう事もありませんからね。

 

薬等で抑えるというのは、子供には難しい物があります。

 

スポーツもするし、プールだってありますからその度にケアをするのもなかなか難しいのではないでしょうか?

 

冬の間に手術しておけば、夏には思いっきり泳げますし保険も効くので私は手術をお勧めします。

 

気になる手術に方法や手術料金について紹介しているページはこちら

 

子供がわきがかも・・・?と思うにはやはり赤ちゃんの時の耳垢から親は感じ取ってしまうものではないでしょうか?

 

赤ちゃんの時から耳垢が湿っている場合には要注意です。