病院でするわきがチェック方法と保険適用について

自分でチェックしたらどうもわきがっぽいので、病院に行く決意をしたもののセルフチェックと、病院でするわきがチェックはどう違うのでしょうか?

 

病院でわきがと言われたら、保険証は使えるのでしょうか?

 

わきがの手術を決めた時、1番に気になるのが初めて病院に行く時ではないでしょうか。

 

ここでは病院がどんな風にわきがのチェックをするのかをご紹介します。

 

病院でするわきがチェック

わきがはアポクリン汗腺が多いかどうかで決まります。

 

なのでそのアポクリン汗腺の多さを調べれれば1番いいのですが、それには手術をして見ないと確かな事が言えません。

 

しかしある程度は、問診で解るようになっています。

 

まず体質、そして遺伝を問診します。

 

そして、実際に試臭検査をしますがわきに鼻を近づけるのではなく、ガーゼをしばらく挟んでもらってその後そのにおいを何人かで確認します。

 

その他、アポクリン汗腺が実際に多いかどうか耳垢が湿っているかでチェックしたり、わきがの原因となる生活習慣病などを調べたりもします。

 

問診が1番重要になってきますので、隠す事無く正直に話しましょう。

 

わきがと診断されなければ、わきがの手術は出来ませんからね。

 

わきがと診断されたら

わきがと診断されても、保険証が使えない場合もあります。

 

アポクリン汗腺が多いのは体質であって、冷え症と同じ扱いです。

 

そしてわきがはくさいからと死ぬようなものでもありません。

 

どちらかというと、歯の矯正のようなものだと思って下さい。

 

歯の矯正も同じように保険が効きませんよね。

 

ですが、医師が認めた場合に限り保険証が使えます。

 

ですから同じにおいなのに、医師が違うと言えば違うし医師がそうだと言えばわきがの手術に保険証が使えます。

 

かなり曖昧なので、一箇所だけでなく何箇所か行くと保険証が使える所に当たるかも知れません。

 

 

初めてわきがの病院に行く時は、いつもとは逆に出来るだけにおうように工夫していけば認めてもらえるかも知れませんね。