わきがを治すツボがあるって本当?ツボ押しでわきが軽減!

わきがを治すツボがありますよ。

体中には至る所にさまざまな症状を治すツボが存在します。

 

すごい人になるとツボだけで治してしまい病院に行かないという人まで存在します。

 

もちろん、わきがを治すツボも存在しますのでここでわきがを治すツボを3つご紹介させて頂きます。

 

三陰交(さんいんこう)

このツボはさまざまな効果があるとされているツボで、内くるぶしから指4本分上にいった所にあるツボです。

 

ホルモンのツボなのですが、わきがはホルモンの乱れでにおいがきつくなるとも言われているのでホルモンを整える事でわきがのにおいも抑えると言う狙いです。

 

他にも冷えなどに効果があり、三陰交を押すと痛みがあるとホルモンの調子が悪い。または冷えがあると言う証拠です。

 

親指で息を吐きながら押して、息を吸いながら離す様にしましょう。

 

タイミングは深呼吸のタイミングでゆっくりと押すのがポイントです。

 

少衝(しょうしょう)

これは小指の爪の生え際、そしてやや薬指よりにあるツボです。

 

ストレスに効果のあるツボですので、汗を押さえてくれます。

 

手なので、いつでもどこでも出来るのがいいですよね。

 

気が付いたら少衝のツボを押さえるようにしましょう。

 

行間(こうかん)

わきがには最も効果があるとされるツボです。

 

足の親指と人差し指の付け根、水かきの部分にあります。

 

わきがの症状を抑えることの出来るツボです。

 

少し痛いくらいを先ほどの三陰交と同じように深呼吸のタイミングで押していきましょう。

 

もし可能ならばお灸もお勧めです。

 

手軽なせんねん灸などを上手に使い、毎日コツコツとする事で効果が出ます。

 

シールがついてますので、乗せて火をつけて火が終わればお終いなのでお手軽です。

 

 

ツボ押しは始めは痛いかも知れませんが、慣れてくると痛くありません。

 

痛みがなくなってきたと言う事は効果が出ていると言う事です。

 

すぐには効果が出ませんが、毎日続ける事でわきがのにおいを軽減できるのでお勧めです。

 

体の内側から、わきがのケアをするという意味でも効果的ですよ。