多汗症の改善に塩化アルミニウムを使ってみよう!

多汗症の改善に塩化アルミニウムを

外気温がそれほど暑くもないのに大量の汗をかいて、日常生活にも支障をきたしてしまうというのは、多汗症の典型的な症状といえます。

 

多汗症改善方法には、さまざまなものが知られており、なかには外科手術のような大がかりなものもありますが、比較的簡単にできる方法としては、塩化アルミニウムの溶液をわきの下のような汗をかきやすい場所に塗るというものがあります。
塩化アルミニウムは、ミョウバンなどと同様に、物理的に発汗を抑制させる効果があることが知られており、同時に殺菌的な効果もあるため、発汗にともなう不快なにおいからも解放されます。
手術までは必要のない程度の軽症であれば、この塩化アルミニウムの溶液を毎日塗って、時間をみて洗い流すことを続けていると、やがて汗の量が減ってくるのがわかります。
もっとも、効果があらわれるまでには、はじめてこの方法をためしてから数週間程度かかるといわれていますので、気長に続けることが肝心です。
また、肌が敏感な人の場合には、塩化アルミニウムによって、かぶれなどの皮膚のトラブルを起こしてしまう場合があります。
溶液の濃度をむやみに高くしないようにするとともに、長時間洗い流さずに放置したりしないように心がけることがポイントです。
もしも副作用の症状があらわれた場合は、ただちに使用を中止して、すでに塗ったものはよく洗い流すとともに、皮膚科の医師に相談をして、そのほかの方法を検討したほうがよいでしょう。